書籍

国語力で悩んでいるなら、ぜひ読んでみて下さい

多くの子どもたちの国語力と向き合いながら気づいたこと。

実践しながら培ってきた指導法。

日常生活を見直すことで育める言葉の力。

今後、より一層求められることになる思考力・表現力・記述力を育むために、

中学受験や高校受験のときに後悔しなくてすむように、

『今すぐできること』『今のうち』にやっておきましょう!

今のわたしにお伝えできることのすべてをこの1冊に詰め込みました。

この本を手にしてくださったみなさんは、多かれ少なかれお子さんの国語力に不安な思いがあり、なんとかその国語力を伸ばしてあげたいと考えていらっしゃるのではないでしょうか。

それは二人の娘を授かり、新米ママだった私が10年以上前に感じたのと同じモヤモヤした気持ちなのだろうと思います。

「日本語を話せるのに、国語ができないってどういうこと?」

「大きくなればもっと言葉も覚えるだろうし、そのうちにできるようになるのかな?」

「いやいや、ほうっておいたらとんでもないことになるのでは…」

「他の科目と違って暗記すればなんとかなるわけでもないし…」

「国語って何をどうやって教えたらいいのかわからない!」

そして、もしかしたら私のように、すでに数冊の国語の参考書を買い求めて、ひと通り目を通してはみたけれど、「この方法は難しすぎる。とても続けられない…」とためいきをついたことがあるかも知れません。

ひと昔前は、国語なんて特に勉強する必要のない科目でした。

ところが、ここ数年、多くの国語の参考書が本屋さんに並ぶようになったことからもわかるように、「国語のできない子どもたち」が確実に増えているのです。

小さな個人教室である私のところにも入室をお待ちいただくほどのお問い合わせをいただくようになったことからも、お子さんの国語力に対する「不安」や「心配」が募っていることが感じられます…

(まえがきより)

ご購入はAmazonから↓

http://amzn.to/2mmcOBX