ハッピーネコ画像

 

お申し込みフォームは、こちらです

◆通年クラスの生徒さんとご兄弟姉妹・すでにLINEで繋がっている方は、LINEでお申し込みください。お申込みフォームの送信は不要です。

 

 

2020年 夏期講習 開講中!

◆2020年 7/27(月)~  8/14(金)

◆対象:小学生(基礎から学びたい中学生も!)

◆何回受講しても一律 ¥6000 まだ間に合います!

 

双子ちゃん特典あり!

同じクラスをご受講で、2人めは受講料が半額となります

 

国語を学ぼう!

長年国語指導をしてまいりましたが、やはり国語力は大切です。

なかでも文章を正しくスピーディーに読みとる力は、教科書や参考書を読む上でも欠かすことのできない能力。

すべての科目に、論理力と読解力は大きな影響を与えます。

読めないままに学年が上がってしまうと、その分学習効率が下がります。

英語の長文や算数の文章題を読み解くにも、国語力が必要なのです。

聞いたり話したり、読んだり書いたり、そして思考すること、すべての学習において根底にあるのは、母語である国語を操る力です。

 

この夏、なんとかして国語の力をつけたいとお考えのみなさん。

夏期講習はどなたでもご受講いただけます!

 

今年度の夏期講習はオンライン!

国語教室ミルンでは、コロナ感染対策として4月よりオンライン授業を実施しています。

当初はオンラインは緊急事態宣言下の一時的な措置と考えていました。

しかし、先日生徒さんにアンケートを実施したところ、高学年では9割以上、低学年でも8割以上の方がこのままオンライン授業を続けてほしいとのこと。

実際に授業を受けてみて、ほとんどの方がオンライン授業に予想外のメリットを感じられていました。

 

グラフ

 

 

指導する側にも新たな発見がありました。

『引っ込み思案の子は、オンラインだと積極的になれる』

『にぎやかな子は、授業に無関係なおしゃべりをしない』

結果的に、教室の対面授業では十分に力を発揮できていなかった、どちらのタイプの子どもにもメリットがあるのです。

 

国語教室ミルンのオンライン授業は、リアルタイムの双方向授業です。

講師が話す内容をただ聞くだけではありません。

生徒さんはカードやホワイトボードを使って意思表示をし、解答を発表します。

実際に教室で受ける授業とは雰囲気は違えど、学べる内容に変わりはありません。

移動時間がない分、時間の制約もなく体力的にも楽です。

自宅にいるため、飲食も自由で、気楽に受講できます。

車や電車で移動中に受講している生徒さんもいらっしゃいました。

 

今年度はコロナのために様々な制約があり、多方面で変革が余儀なくされていますが、この状況だからこそ気づかされることもあります。

アンケートでも、コロナ終息後(ワクチン開発・接種後)もハイブリッド授業(教室での受講とオンラインでの受講の好きな方を選べる)を希望される方が大多数でした。

オンライン授業は確実に教育界に定着していくと思います。

そうであれば、授業を提供する側(塾)は一層オンライン授業の質を高め、学習する側(生徒)はオンラインに慣れていくことが求められます。

夏期講習はその絶好のチャンスです!

 

夏以降または来年度に入塾をお考えの方はぜひご利用ください。

授業をお気に召していただければ、空席待ちにご登録いただき、お席が空き次第ご連絡を差し上げます。

夏期講習をご受講いただいた方には、優先的に通年クラスのお席をご用意いたします。

 

高学年になると国語の実力テストで点数がとれない!

他の科目は勉強した分だけテスト結果に反映されやすいのに、なぜか国語だけは低迷したまま・・・

漢字や文法を覚えればいくらかは点数を稼げるけれど、読解問題となると選択肢を間違えたり記述の解答欄が空白のままだったり。

「国語の読解問題が解けない!」という悩みを解決する方法について考えてみます。

 

国語の読解は、暗記するものでもないし、一夜漬けで何とかなるものでもありません。

日々の積み重ね、つまり子どもの人生そのものが、文章を読み解く力となります。

今は意味がわからなくとも、数年後には意味がわかる文章があります。

それは、それだけその子が成長したという証です。

 

つまり、国語の読解問題で点数をとるために一番必要なのは、心の成長なのです。

でも・・・

子どもは子どもであって、まだ大人ではありません。

大人の書いた文章を、限られたテスト時間内で読みこなすことは簡単ではないはず。

また、人の心が成長するには、やはりそれなりの時間が必要です。

でも、自然に心が成長するのを待っていたら、受験に間に合わないかも知れません。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

 

言葉をたくさん知っている

いろいろなことを経験した

良いも悪いも含めて、様々な気持ちを味わった

本をいっぱい読んだ

筋道立てて物事を考える習慣がある

悩んだり思索に耽ったりする時がある

雑学、教養がある

これらのすべてが人を成長させます。

 

たとえば、ある体験が、今まで味わったことのない感情を子どもにもたらしたとします。

すると、今まで理解できなかった小説の主人公の気持ちに共感できるようになり、その結果、小説の読解の点数が伸びることがあります。

実体験は難しいにしても、読書をすれば登場人物に感情移入できるでしょう。

新聞や評論を読めば、これまで知らなかった難しい言葉をたくさん覚えられます。

 

つまり、「解けない!」と嘆く前になすべきことは、難しい文章を「読める!」ようになることです。

難しい文章なのですから、読みこなすためにはコツが必要です。

国語教室ミルンの授業は、そのコツを伝授いたします。

 

私は、子どもたちが難しい文章を読むときのお手伝いをしたい という思いで授業をしています。

1人で読むと意味不明な内容でも、みんなと時間を共有し、ラインマークしたり論理構造マップを書いたりすることで理解が促されるかもしれない。

ちょっとしたヒントをもらうことで「わかった!」と腑に落ちる瞬間の喜びを得られるかもしれない。

 

そんな経験を重ねて欲しくて、授業をしています。

難解な小説や論説文を理解する体験を積めば、確実に教養が身につき 知的世界が拡がるからです。

読解によって獲得した有識者たちの知見を理解すれば、それらがいつのまにか形を変えて自分自身の考えになっていきます。

そうなれば、仕事や経済、政治など世の中のことについて、自分の意見が持てるようになります。自分の言葉で語れるようにもなります。

それが大人になるということです。

 

あらゆることを吸収できる今の時期を大切に過ごしてください。

ぜひ、ちょっと難しい文章を読み、深く理解するクセを身につけてください。

読書習慣があるなら、その時間を心ゆくまで楽しみましょう。

 

本はちょっと…という人は、ぜひこの夏に、難解な文章を読み解く時間を自分に課してください。

書物を読んで理解できる世界が拡がると、みなさんの人生はより豊かになるはずです!

難解な文章を読んだ経験が、次に読む文章の理解を促すのです。

そして、それこそが国語のテストの点数アップにつながるのです。

 

オンライン国語授業とは

以前から中高生クラスはオンラインで行っていたのですが、コロナ禍にある今年は、小学生クラスもオンライン化しました。

おうちでパソコンの前に座って国語の授業を受けられる。

それがオンライン国語授業です。

 

↓中高生クラスの画像ですが、ご参考までに

 

 

 

 

 

講師側のパソコン画面はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんのパソコン画面はこんな感じ。

今日の学習ポイントを確認してから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

講義がすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

たまには解答を見せてもらったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

論説文のテーマにちなんだ発展的な問いには

 

zoomのホワイトボード機能を使って、生徒さんたちが意見を書き込みます。
(小学生クラスでは、各自のホワイトボードに書いてもらいます)

 

夏期講習オンライン授業10のメリット

❶移動時間と交通費がかからない!

❷拘束時間が短く、受講料も安価!

❸多少体調が悪くても参加できる!

❹コロナ感染の心配がない!

❺将来仕事をする上で関わらざるを得ないであろうオンライン・システムに習熟できる!

❻親も参観できて子どもの理解度を把握できる!

❼キャンセル待ちをしなくても、受けたい授業を受けられる!

❽お申し込みレベルを何回でも受講できる!

❾他のレベルの授業も見学できる!

❿双子ちゃん特典!2人めは半額となります

ただし、日によって受講人数に偏りがあり、人数の多い授業では、生徒さんの発言回数は限られたものとなります。

逆に、人数の少ない日は通年クラスと変わらない授業の様子となります。

サブスクリプション形式は、日毎の受講者数を前もって把握することはできませんが、これまで必要だったキャンセル待ちが不要であることは、大きなメリットです。

今年の夏期講習は、初のオンライン&サブスク形式で行うため、受講人数の調整はできませんが、例年と同じく全力で授業設計をいたします!

 

2020夏期講習のご案内

場所 

オンライン会議室Zoom

オンライン授業は、Zoomという無料ソフトを利用し、パソコン・スマホ・タブレットのいずれかがあればご参加いただけます。
わずらわしい手続きは一切ありません。接続方法はとても簡単です。

ただし、国語授業はパソコンでご受講することをおすすめします。

安価なもので結構なので、ウエブカメラ(搭載されているパソコンもあります)とヘッドセットもご用意ください。

Zoomで検索すれば、わかりやすい説明サイトがたくさんヒットします。

詳細情報はお申し込み後にお知らせします。

ZOOMのわかりやすいサイトはコチラから

 

授業内容

授業は1回完結型で、同じレベルでも回が違えば内容も違います

◆論理

毎回トピックを決め、主語述語・修飾語・接続語・指示語などを集中的に学びます。

L1・L2・L3では、論理力を中心に養成します。

◆読解

物語文・説明文・随筆のいずれかを、論理を追ってていねいに読みます。

表面的ではなく「理解して読む」ことで「解ける」ことを体験してもらい、読解力を育成します。

L4以上は、読解力を中心に養成します。

*夏期講習は、L5とL6は合同クラス(L56)となります。

読解指導にあたっては、小学生から大学受験生まで使えるラインマーク(しるしつけ)とフレームワーク(型にはめて解く)の手法を用いて、一度身につければ一生使える国語の解き方を教えています。

夏期講習で身につけた解き方を、その後も自宅や進学塾でも続ければ、いずれ実力となります。

読み方・解き方を我流に戻してしまうと、また論理ではなくカンとセンスに頼ることになります。

論理的な解き方を習慣づけるには、やり続ける根気が求められます。

 

受講回数

受講回数は自由です

予約は必要ありません

日程表のなかから、受講できる日を選んで受講してください

何度受講しても受講料は同じです

3回以上は受講しましょう

 

受講レベル

レベルは6段階あり(L1~L6)数字は実学年に対応しています

例:L3(レベル3)=小3用の教材を用いた小3向けの授業です

ただし、レベルは学年別ではなく、実力別です

学年にとらわれることなく、今の実力に合った授業を受けてこそ、理解が進みます

国語の苦手な中学生L56クラスをご受講ください

 

受講レベルの判断基準

◆通知表の国語評価がほとんど◎・塾の実力テストも平均以上の場合

実学年レベルまたは1学年上レベルをお勧めします

———-

◆通知表の国語評価は〇が多い・塾の実力テストが平均以下の場合

実学年レベルまたは1学年下レベルをお勧めします

———-

◆通知表の国語評価に△がある・塾の国語偏差値が45以下

この夏に、徹底的に基礎から立て直しましょう!
簡単な文章を読むことで、自信とやる気が芽生えます

1~2学年下レベルをお勧めします

 

日程

◆期間:2020年 7/27(月)~ 8/14(金)

◆時間:1回 50分

受講人数の多いレベルは授業回数を多めに設定しています。

 

 

費用

 

◆受講料 ¥6000(税込み)

期間中はお申し込みいただいたレベルの授業を何回でも受講できます。

 

お申し込みレベル以外のレベルも受講したい場合(L2を申し込んだが、L3も気になるなど)も、追加の受講料は必要ありません。

Zoom入室時にビデオをオフにして参加していただけます(人数に余裕があればビデオをオンにしていただけます)。


双子ちゃん特典あり!

同じクラスをご受講で、2人めは受講料が半額となります

 

◆教材 (各自でご用意ください)

詳細はお申し込み後にLINEでお知らせいたします。

 

◆論理とラインマークのテキスト

【おうちで伸ばす国語力!国語で困らない子になるために、今すぐできること。】

こちらは私が執筆した書籍で、Amazonでのみご購入いただけます。
必須ではありませんが、ご家庭に是非一冊!

ご購入はコチラから

 

お申し込み方法

◆通年クラスの生徒さんとご兄弟姉妹・すでにLINEで繋がっている方は、LINEでお申し込みください。お申込みフォームの送信は不要です。

◆その他の方は、お申し込みフォームより受講申し込みをして下さい。

お申し込みフォームは、こちらです

ご入力いただいたメールアドレス宛に、詳細をお送りいたします。

3日たっても返信がない場合はお電話下さい。

TEL 090-1728-6317

その後のご案内はLINEで行います。

(LINE登録が必須となります)

お申し込み期限:特になし
できるだけたくさん受講するためにも早めにお申し込みください

オンライン指導の許容範囲を超えた場合は、お申し込み受付を締め切ります

 

迷うくらいなら受けてみよう!

国語力をつけたいなら、迷っている暇はありません。

学年が上がるほど、深く丁寧に読まない、あるいは自分勝手な目線で読んで答えてしまうクセを治すのは難しくなります。

文章を正確に読む力は、あらゆる知的活動の土台となります。国語だけでなく、英語の成績も伸び悩んでいる方は、国語力を見直してみましょう。

みなさまのお申し込みをお待ちしています!