基礎からしっかり積み上げる国語専門塾。論理的思考力を土台にした国語力を伸ばすために、子どもはもちろん、ママたちもサポートします!

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問
入会金は必要ですか?
いいえ、入会金はいただいておりません
体験はできますか?
授業は少人数で行っておりますが、ご希望のクラスに空席があれば体験いただけます
満席の場合は、夏休みなどの短期講習などをご利用していただくこともできます。 また、いつでもご相談をお受けいたします。
体験の予約はメールでできますか?
子ども国語クラスのご予約はメールではできません。お電話でのご予約をお待ちしております。
親向けセミナーのご予約は、お電話以外にもメールでお受けする場合もございます。各セミナーのご案内ブログでご確認ください。
受講回数や期間は決まっていますか?
期間は決まっていませんが、たいていの生徒さんは3年以上通い続けています。 小学生だった子が高校受験を迎えるまで学び続けてくれることもあります。受講回数はクラスや月によって異なりますが、年間30~40回となるよう設定しています。
国語教室ミルンの指導は基礎を固めるところから始めます。漢方薬のようにじわじわと効いて体質そのものを変えるイメージです。3か月ほどの短期間で劇的な変化を遂げることもありますが、たいていは2~3年かけて国語力を身につけます
難しい小説や評論文が読めるようになるためには、国語力だけでなく心の成長も必要なので、読み応えのある長文はレベル5の後半に、中学受験あるいは中学生レベルの文章はレベル6で扱います。このような理由により、レベル6まで受講していただくことをおすすめしています。
読書の代わりとして、引き続き中高生クラスで難解な文章を読み続ける方もたくさんいらっしゃいます。
受講資格はありますか?
60~80分の授業の間、席に座って話を聞くことができれば受講できます。 無駄口が多い生徒さんには、その都度注意します。
高学年になって、自分で必要性を感じて授業に参加しない場合は、 通っていただいても時間と授業料の無駄遣いとなってしまいます。
1年間続けてみても、当教室の指導方法が合わないと判断した場合は、その旨をお伝えいたします。 それぞれの個性にあった勉強法を見つけたほうが本人のためになると考えます。
また、車での送迎時にご近所の皆様への配慮ができない、マナーを守っていただけない方の入塾はお断りしています。
欠席が多いと未履修範囲が多くなり、授業についていけなくなることもあります。添削指導はしているものの、4回に1回は休むというペースでは、なかなか成果は上がりません。
いつでも入塾できますか?
毎年4月からカリキュラムがスタートします。 論理(基礎)を構築してから読解特訓にすすむため、 基礎をしっかり学んで身につけられる4月入塾をおすすめします。4月を待つよりも、今すぐ入塾したほうが良いと判断した場合には、その旨をお伝えしています。
レベルの合うクラスに空席がある場合に限り途中入塾もできますが、毎年3月にはほとんどのクラスが満席となってしまいます。
なかなか入室できないと聞きました
講師は私ひとりで教室も広くないため、いちどに教えられる人数に限りがあります。また生徒さんがご兄弟姉妹やお友だちを紹介して下さり、長年通って下さる方がほとんどで、新しい方のためにお席をご用意しにくい状況ではあります。申し訳ありません。
ただし、毎年12~2月には新年度のクラス数や時間割を決めるので、その時期にお申し込みいただくと、ほとんどの方に入室いただけます
また、夏休み明けも動きがあるので、空席待ちにご登録いただければ、お席が空き次第ご連絡差し上げます
新年度の時間割はいつ決まりますか?
2月上旬には、新年度(4月から)のクラス編成と時間割が決まります。
1月中に在籍中の生徒さんと入塾希望者に受講希望曜日などをうかがい、 できるだけ多くのみなさんのご希望にそえるよう時間割を決めます。 1人だけ、他の生徒さんたちとご希望が異なる場合は、クラスをご用意できないこともあります。
他の習い事の曜日を調整していただくなど、みなさんにご協力いただいております。
どんなお子さんが通っていますか?
公立小・私立小・インターナショナルスクール・帰国子女などのお子さんが、それぞれの実力に合うクラスに所属されています。
中学受験をするかしないかで小6時点の目標は違いますが、いずれにしても「現在の国語力では困る」「将来に向けて、今のうちに揺るぎない国語力を身につけておきたい」というお考えの方たちです。

【大手進学塾に通っている中学受験生の場合】

進学塾の集団指導についていけない・国語の指導法に不満がある、つまり志望校の偏差値に達しないのでなんとかしたいというお子さんのための教室です。

【公立中学進学生の場合】

高校受験を念頭に、すべての科目の理解を支える国語力を養っておきたいお子さんのための教室です。
中高生のお子さんがいらっしゃる方はご存知ですが、国語力の欠如は、国語だけにとどまらず他の科目にも悪影響を及ぼします。それに気づくのはたいていが受験間近。今さら国語の勉強をしている余裕がない時期です。そうならないためにも、小学生のうちに読解力をつけておくのは必須です。中学受験生と共に学ぶことで、ふだんは読むことのない小説や論説文を読み解くこともできます。
進学塾に通っていても国語ができるようにならないのはなぜですか?
進学塾では主に文法・漢字・読解を学びます。文章を読み解くために必要不可欠な語彙力と論理力は、すでに身につけている前提で授業が進められます。進学塾のテキストが読み解けないのは、進学塾の教え方が合わないか、その授業を理解するのに必要な力(読むスピード・語彙力・論理力など)が足りないためです。
さらに最難関・難関校受験を目標とする進学塾であれば、一部の優秀な子を対象にテキストが作られているため、難しく感じるのは当然。難文を読み続けて慣れることで国語ができるようになることもありますが、それは一部の子です。そもそも読解を支える土台となる力がなければ、いつまでたっても読めるようにはなりません。国語教室ミルンでは、その欠けている部分を埋める授業をしています。
受験合格が目標ではなく、真の国語力を身につけたいのですが
いわゆる真の国語力とは、「文章の意味するところを理解できて、問いに正確に答えられる」ことと考えます。その国語力が身につけば、入試で出題される課題文も理解でき、正答することもできます。受験合格は目標ではなく、真の国語力が身についた結果です。
だからこそ、中学受験生と公立中学進学生が一緒に学ぶことができます。
どれくらいでできるようになりますか?
人それぞれです。

【語彙力も論理力もあるけれど、解き方だけがわかっていなかったという子】
は、 1~3か月程度で本人も驚くほどできるようになることもあります。腑に落ちた読み方と解き方を実力に変えるために、習慣化されるまで通っていただければ安心です。

【読書習慣がない、年齢相応の言葉を知らない、初見の文章をスラスラと読めない子】
は、変化がみられるまでに1年以上はかかるでしょう。
通い始めた時には極端に国語が苦手で、読解ができるようになるまでに3年半かかった子もいます。
「文章の意味がわかるようになった」「国語が嫌いではなくなった」と言い始めると、成績は上がってきます。
成績が上がってから、半年間偏差値が安定していれば(半年間の偏差値の平均値で捉えましょう)、その後も大丈夫であることが多いです。
2,3回偏差値が上がって、また大きく下がってしまった場合は、まだ読解力が不安定です。ここで安心して通塾をやめて、再び入塾くださる方もいらっしゃいますが、抜け落ちた期間がもったいなかったとおっしゃいます。
短期講習だけでできるようになりますか?
【年齢相応の語彙力と論理力のある子】は、短期講習で読解テクニックを身につけることも可能です。自己管理がしっかりしている子や意志の強い子にとっては、大きな収穫となるでしょう。
ただし、習ったことを忘れずにやり続けるのは、たいていの子どもにとっては難しいと思います。親御さんの声掛けや手ほどきなどのサポートも必要と考えます。

【国語が苦手な子】
が真の国語力を身につけるためには、基礎からの構築が必要です。短期講習の目的は「国語ってこうやって勉強するんだ」「これなら自分でも続けられそうだ」という意識を持ってもらうことです。そもそも「文章を丁寧に読むこと」がどういうことか分かっていない場合がほとんどなので、「読めばわかる」ことを体験してもらいます。短期講習は、国語を本格的に学び始めるきっかけとなるはずです。
いつから通い始めるべきですか?
【国語が苦手ではない、家庭学習の習慣がある、年齢相応の集中力がある、読書習慣がある場合】
小3から教室で論理力を身につければ国語が得意科目になる可能性が高いです。
国語が得意な子は、学年よりも一つ上のレベルのクラスで学ぶこともできます。その場合小5の時点でレベル6クラスとなります。

◆参考記事
『見える学力だけ見ていてはいけない』


【本を読みたがらない、語彙力がない、音読がなめらかでない、書くのが遅い場合】

小1、2のできるだけ早い時期に本格的に国語を学び始めることをおすすめします。ただし、座って授業を受けることを本人が望まない、まだまだ遊びたい気持ちが強いのであれば、無理強いは禁物です。
低学年であれば、ご家庭で国語力を高めることは十分可能です。
詳しくは私の指導法を公開した書籍『おうちで伸ばす国語力!国語で困らない子になるために、今すぐできること。』をご参照ください。

◆参考記事

『低学年のうちに論理力を!』
中学受験生はいつまで通うべきでしょう?
理想としては、5年生いっぱいは通っていただき、その時点で志望校のレベルで国語の偏差値が安定していれば、晴れて卒業。
その後はそれぞれの進学塾のテキストで読みを深め、国語教室ミルンで身につけた読解方法を忘れずに継続してください。
ただし放っておくと自己流の読み方に戻ってしまう恐れがある場合や、まだ志望校レベルには達していなくて不安な点がある場合は、受験直前まで通うことをおすすめします。
とくに夏期講習ではグン!と力が伸びる6年生も多いです。
過去の生徒さんの様子から考えると、やはり小6の受験直前の1月中旬まで通った方が多いです。
せっかくこれまで培ってきた読解法を手放しかねないからです。週に一度90分間丁寧に文章と向き合ってきた貴重な習慣を、最後の数か月で崩してしまうのはもったいないと思います。
ただし理科や社会が不安な場合は、12月と1月は通塾時間を暗記時間に回した方が良いかも知れません。
読解の習慣が崩れやすい子と完全に自分のものにしている子で対応は変わります。一人ひとりに合わせて考えるべきことと言えます。

◆参考記事
『高学年こそ読解力の伸ばし時!』

公立中学に進学する場合はいつまで通うべきでしょう?
受験がないので、卒業まで通われる方がほとんどです。
基本的に中学受験生と考え方は同じで、読解の習慣が崩れやすい子と完全に自分のものにしている子で対応は変わります。
中学生が読む小説や論説文を、自力で論理的に読める習慣が身についていれば、あとは自学自習で大丈夫です。
高校受験を視野に入れて、読書習慣のない子は引き続き中高生向けオンライン国語授業を受講し、年齢に見合った難度の高い文章読解を習慣化しています。
読書習慣があれば年齢相応の教養も身につくので、あまり心配はありません。

◆参考記事
『高学年こそ読解力の伸ばし時!』

◆参考記事

『中高生のみなさんへ ― 何のために国語を学ぶの? 』

誰でもできるようになりますか?
教室に通いさえすれば、絶対に成績が上がるとは言い切れません。
無理に通わされている、欠席や遅刻をする、レベルが合わない、集中力がない、家で復習をしない等々は 大きなマイナス要因として働きます。これらの要素が複数重なる場合は、家庭教師など別の学習方法を考えたほうが良いでしょう。
国語は日常生活が反映される科目でもあります。 特に小学生のうちは、しつけをする、読み聞かせをする、語彙力を高める、 家庭学習の習慣を身につける、親が家での復習に付き合う、といったことが不可欠であり、 これらは国語教室が担いきれるものではありません。また、これらを抜きにして国語力向上も望めません。 母語を学ぶ国語教室ミルンは、ご家庭と教室が協力してお子さまを育てるべきと考えています。

◆参考記事
『国語教室に通えば国語が得意になりますか?』


◆参考記事

『「できる・できない」の前に「合う・合わない」を確かめよう』
学校や他塾のテキストも教えてもらえますか?
読解問題の質問には、文章をすべて読まないと答えることはできません。 講師は私一人なので、その場で問題を解いて説明する時間がありません。それよりも、そのテキストを熟知している学校や塾の先生に解説を求めたほうが時間もかかりませんし、現実的です。
内容まではチェックできないので、完璧な指導とは言えませんが、 記述の日本語表記の正誤を指摘する程度であれば、対応いたします。
入試までにどれくらいの期間が必要ですか?
それも人それぞれ。
自学自習の習慣が身についているか、本人にヤル気があるかで違ってきます。

【他教科は志望校の偏差値に達しているのに、国語だけが5程度足りない場合】
教室以外の塾や自宅でも教えたように読んで解いてくれれば、半年程度で読解のコツはつかめるでしょう。

【国語の模試の点数が平均点よりも低く、記述問題は的外れな答えを書いている場合】
読解特訓と並行して、漢字や知識問題、他教科で得点する戦略を立てます。
そして、受験が終わった後も引き続き中高生向けオンライン国語授業を受講し、 高校受験や大学受験だけでなく将来に備えて国語力を身につける生徒さんもたくさんいらっしゃいます。

◆参考記事

『中高生のみなさんへ ― 何のために国語を学ぶの? 』

お気軽にお問い合わせください TEL 090-1728-6317 受付時間 10:00 - 22:00

PAGETOP
Copyright © 国語教室ミルン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.